スマホページ(アストロロジー:西洋占星学) PCページ

アストロロジー(西洋占星学)


第2回「豊かさの季節 おうし座」

4月半ば頃まで、盆地の地元では、 山々は桜色や薄いモスグリーンのパッチワークのようになります。

そして4月下旬、太陽がおうし座に入る頃には、新緑の黄緑とグリーンになります。

縦に長い日本列島、もちろん地域差はあるかと思いますが、 4月下旬頃からは新芽の黄緑色、新緑が萌え、 1年でもっとも色々な色の花が咲きほこる、百花繚乱の季節。

オレンジのポピー、むらさきや黄色の菖蒲、ピンクの芍薬、 ブルー系のルピナス、

白やピンクのハナミズキ等々、 そして5月は、花々の女王、バラの季節。

木にも草にも花が咲く、春から初夏にかけてのこの時期、 まるで祝福の季節だなあと感じます。

毎年4月20日頃、太陽はおうし座に入室し、小満(5/21頃)前まで おうし座を通過します。

おうし座は「五感に関する才能」の星座です。

デザインや色彩、美的センスなどの審美眼、 鋭い味覚、 優れた嗅覚、 音楽的な資質を持つ聴覚、 触り心地に敏感な肌感覚。

もうすぐ5月ですが、日本には「風薫る5月」という季語もあります。

又、春から初夏にかけての有名な句 「目には青葉 山ほととぎす 初鰹」(山口素堂)。

視覚的にも色とりどり美しい季節で、1年で最も鳥の歌う声が響き、旬の恵みも多い。

こういった祝福の季節が、豊かな五感を刻印となり、 おうし座は五感と豊かさの星座なのかしら、なんて思ったりもするほど、 素晴らしい季節だと感じます。

おうし座は自足をあらわし、自分の中に必要なものはすべてある、という星座です。

一言でいえば、恵まれた資質。

春から初夏にかけての自然界の恵みは、 風も薫るほどの美しい時期で旬の恵みや開花も多いですから、 おうし座のエネルギー「I have ~私は持っている~」、

又、先天的資質や環境=先人(先祖)からのDNAが、 そのおうし座の人を通じて開花することにも、リンクを感じます。

これまでも沢山の方々のホロスコープを拝見してまいりましたが、 太陽がおうし座というだけでなく、個人天体(月、水星、金星、火星)がおうし座にあっ たり、 あるいはおうし座に集中している方(もしくは、おうし座と縁の深い第2ハウスに天体が 集中している方)は、やはり先天的環境が、一般的に言う「恵まれている」「物質的に豊か」 な傾向が顕著でした。

「豊」という漢字は、実をつけた穀物が沢山乗っている様子の旧字体「豐」がもとになっ ています。

自然の恵み、旬の恵み。おうし座は鋭い味覚という意味で食に関する星座ですが、大地の 恵み、 それも地産地消で旬の恵みを頂くことも、おうし座に関連します。

「今あるものを大事にする」「自分の生まれ持ったものを反復して磨く」 「自分のいる土地の旬の恵みを頂く」ことは、豊かさに深く関連しているのかもしれませ ん。

春から初夏にかけて、過ごしやすいという意味で「今が一番良い季節」と表現する人も多 いかと思います。

おうし座の長所である、「自分に満足する、自足する質」は、この季節の刻印のようにも、 思えるのです。

(以上です)

オーラソーマ カラーケアシステム アストロロジー 占星術 占い 鑑定 カラーセラピー 星占い ステビア クイントエッセンス カラーセラピスト カラーケアコンサルタント 運気アップ 開運 ヴィーナスオーガニック ステビア 株式会社 シェア ステビア

リンク

Copyright (C) 2002-2022 ANGELIC DESIGN All Rights Reserved.