スマホページ(TOP&ブログ最新記事) PCページ

エンジェリックデザイン
アストロロジー(占星学)
オーラソーマ(カラーケアシステム)


★サイトメニューは当ページの一番下にあります
オーラソーマ、アストロロジー、エンジェリックデザイン星の チカラ アストロロジー(西洋占星学)。あなたの生まれ持った星は、あなたの中の輝きを教えてくれるでしょう
色彩で知るあなたの魅力 「オーラソーマ」英国式カラーケアシステム(通称カラーセラピー)は、あなた自身を映し出す色彩の鏡と奇跡


★プライバシーポリシー ★お客様へのお約束  ★特定商取引に関する法律に基づく表記

最新情報&更新情報

●「エッセイ 季節と12星座」 「冷静の季節:みずがめ座」 アップしました!2023/1/27

●毎週更新ブログ「vol.877 メルマガ154号発行♪」UPしました!2023/1/25

●「星の言語シリーズ」 人生の、真の始まりは56歳から?土星と脳科学のシンクロニシティ 追加しました!2021/12/3

●「星の言語シリーズ」 続:みずがめ座土星時代「時代を速めた、ウィルス騒動」 追加しました!2021/9/17

●「星の言語シリーズ」 「HSP?ビジョナリー?海王星と、人類の意識次元」後編 追加しました!2021/5/14

●「星の言語シリーズ」 「HSP?ビジョナリー?海王星と、人類の意識次元」前編 追加しました!2021/4/28

●「星の言語シリーズ」 「風の時代?みずがめ座の時代☆」 追加しました!2020/11/26

●「星の癒しエッセイ 星座の気持ち」「みずがめ座時代 新しい文明の夜明け前」UPしました!2020/4/26

●「星の言語シリーズ」 「2023年~冥王星みずがめ座時代」 追加しました!2019/12/3

●お客様の声UPしました!2019/7/4

毎週更新ブログ (最新記事のみ表示)
全ての記事ページはこちら(PCサイト)

「vol.877 メルマガ154号発行♪」(2023年1月25日)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

ヴィーナス(魅力)の誕生:人生と愛の神秘にアクセスする 154号

ヴィーナス:ローマ神話に登場する愛と美の女神。 そして、老若男女問わず全ての人に備わる自分らしい魅力と愛の才能。

154号/JANUARY/2023

●目次●

★エッセイ「季節と12星座」 第11回 冷静の季節:みずがめ座

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

皆様、こんにちは(*^^*)

今年初めてのメルマガです。 本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

さて、昨年1月にアメブロで綴ったものですが、 『世界も季節も星も、常に巡るもの』 https://ameblo.jp/angelicdesign/entry-12721230132.html

2020年3月に、土星はみずがめ座に入りました。 その後、一旦逆行したため正式には2020年12月~2023年3月までが、 土星がみずがめ座を通過する時期です。この間、世界はウイルス騒動の3年間でした。

現在、世界各国ではノーマスク、ウイルス騒動はほぼ終わっているところの方が多いですが、 こと日本においては、本当に遅ればせながら今春ようやく5類扱いへ。

5類に落ちれば季節性インフルと同じ扱いで、実質的には収束。 偶然にも、土星がみずがめ座を去ると同時に、潮目も変わるのでしょう。

前回土星がみずがめ座にあった時期(1991年2月~1994年1月)は 日本においては バブル経済崩壊時期(1991年3月~1993年10月)でした。

みずがめ座は形骸化した慣例慣習を改革したり、時代の価値観を未来へ向けて 時計を速める星座ではありますが、そこに淘汰をあらわす土星がある時期は、 そういった傾向が加速するのかもしれないなと思いました。

そして土星がみずがめ座を去った後、今度は冥王星がみずがめ座へ入室。 これについては2019年から時々取り上げておりました「シリーズ 2023年~冥王星みずがめ座時代」 http://www.angeliclovers.com/star2/html をご参照頂けましたら幸いです。

では、今号もどうぞお付き合いくださいませ♪

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

★「季節と12星座」 第11回 冷静の季節:みずがめ座

バックナンバーはこちら→https://www.angeliclovers.com/season-sign.html

本日1/25は日本列島に、今季1番の寒波がやってきていますね。

毎年、大寒(1/20頃)から雨水(2/19頃)まで、太陽はみずがめ座を通過します。

1年で最も寒い時期です。木々もすっかり葉を落とし終わり、土の中で春の準備。 春のトップバッターである蕗の薹は、立春前に芽を出します。 冬の空気は冷たいけれど凛と澄んでいて、 みずがめ座の超然としたエネルギーを思い出します。

みずがめ座の真向かいにある、しし座は1年で最も暑い季節の星座。 情熱と熱狂をあらわすしし座が真夏で、冷静と客観をあらわすみずがめ座が真冬というのは、 季節と星座の、偶然にしてはピッタリな対比のリンクを感じます。

さて、みずがめ座は最も寒い時期の星座。 これは内省を促し、自分の内側に答えを見出すことを示します。 みずがめ座は権力におもねることが嫌いで、形骸化したものをどんどん改革していきます。 既得権益側から見れば反逆児だけれど、第三者から見れば、至極まっとうな改革推進者で す。

●みずがめ座が改革をお家芸とするのは、 自然の循環、輪廻を促すためなのかもしれないと、私は思います。 大寒という最も寒さの厳しい季節に古い葉を落とし、 やがて来る春に向けて土の中で栄養を蓄え、芽吹を待つ季節。

ちょうど昨年の今頃、散歩帰りに冬の蓮池の静かな世界に気づきました。 池には氷が張り、枯れた蓮の茎が寒そうに氷の池から出ている。 色彩は灰色とひなびた黄褐色の世界で、この景色を見ていると、 本当にこの色彩が、鮮やかな色彩に変わるのか、春や夏が来るのか、不思議な気持ちにな りました。

けれどそれから三ヶ月もすれば新しい蓮が出てきて、近くの八重桜の花びらが落ち 彩色豊かな季節が始まって、真夏にはまた麗しい蓮の花をポン!と咲かせて、 鮮やかな緑とピンクの世界になる。

つくづく、季節は輪廻なのだなあと思います。

●みずがめ座は長期スパン(84年以上)で物事を見る星座です。 だからこそ、 「今だけ金だけ自分だけ」の価値観ではやがて壁に突き当たることも知ってい ます。 バブル経済崩壊とウイルス騒動は、人の価値観を多かれ少なかれ、変えました。 虚飾や無駄を省く冬の星座の真骨頂発揮だったかもしれません。

2023年3月、今度は冥王星がみずがめ座へ入室します。 人類史上大きな転換期になる可能性はありますが、 いつの時代も風化しない、1人1人の自分の内側に在る「内なる教師」が、 いつもその時々の最良の答えを知っているのかもしれませんね。

☆=============================================☆

ここまでお読みくださり、ありがとうございます。 皆様、引き続き、心温まる冬をお過ごしくださいませ(*^^*)

(以上です)


Writing: エンジェリックデザイン 高瀬美智子

オーラソーマ カラーケアシステム アストロロジー 占星術 占い 鑑定 カラーセラピー 星占い ステビア クイントエッセンス カラーセラピスト カラーケアコンサルタント 運気アップ 開運 ヴィーナス

Copyright (C) 2002-2023 ANGELIC DESIGN All Rights Reserved.