PCページ スマホページ


パンドラの箱の最後に残った“希望”の植物。地球と子宮に優しいハーブの
ステビア 星から見た 時流 市場 景気 ファイナンシャル アストロロジー 金融占星術
お問い合せ 当社ご案内 営業日や営業時間について プロフィール 大和撫子プロジェクト
イベントや講座のお知らせ メディア掲載のお知らせ 毎週更新ブログ メールマガジン プロデュース
●アストロロジー●「星の癒しエッセイ 星座の気持ち」→第1回「星座の気持ち かに座編」










(※この記事は2010年当時執筆のものです。)

第1回目はかに座です。

先日6月21日は夏至でしたね。夏至というのは、太陽がかに座に入る日でもあります。

かに座の心理はアストロロジーでは
「心の居場所」「人との家族的なつながり(共感、親密感)」をあらわします。
身近なテリトリーを保護本能で守るので、異質なものや新しいものに
対してはなじむまでは時間を要するともいわれます。

そして、自分の還る場所をあらわしますから、
家族はもちろん故郷や祖国へといったルーツへの帰属意識もあらわします。

私は日本人である、というように
民族のアイデンティティや祖国の文化、伝統を守ろうとするのはかに座の心理です。

これが、グローバルな、いて座ですと日本を飛び出していってしまうので、「私は国際人です」
という心理になるかもしれないし、国籍や性差を超越したみずがめ座ですと「地球人です」
という心理になるかもしれません。
ましてやスピリチュアルなうお座ですとさらに視点が地球外になりますので
「私の魂は今回は日本人に生まれた」といった超越的な心理になる傾向がみられます。

では、かに座の帰属意識はどんなものなのでしょう?

以前、かに座のステキな友人である里美さんが、
「年末に代々恒例のあずきを煮ていたとき、アクをすくいながら、このことを母も祖母も
やってきたのだと思ったとき、その脈々と受け継がれてきたものを感じた」
というようなことをお話くださったとき、それはかに座の心理そのものと感じました。

かに座が家庭や家族をあらわすというのは、自分のルーツや帰属意識といった
私たちの精神的基盤をあらわすからです。
心の居場所、還る場所は私たちを支える土台なのです。

基盤なくしては、かに座に対して対極のやぎ座のあらわす
「社会貢献、キャリア」も不安定なものになってしまいます。

このことを絶妙にあらわしているかのような文章を、脳科学者の黒川伊保子さんの
エッセイ「恋愛脳」(新潮社)で見つけましたので、下記転載いたします。

===========================================

「恋愛脳」(新潮社)より

私は、忙しさにかまけて兜飾りを出さなかったことを、とても後悔した。
今から出そうか、と息子に聞いたら、「もういいよ、あわてて出すなんて
みっともない」とぴしゃりと断られてしまった。

こうして、家族というのは、ただ同居していれば家族になるのでは
ないということを、私は息子から教わったのである。(中略)

家族は、かまい合わなきゃ家族になれない。誰かが幼かったり、誰かが弱かったり、
誰かが忙しかったり、それをかばい合って季節の行事を楽しみ、日々を回していく
のが家族なのだ。健康なオトナたちが、合理的に生活を営み、波風なく過してゆく
日々は、おしゃれな都会生活であっても、家族の匂いがしてこないのである。

雑多な出来事の中で、少しずつ依存しあい、甘えあっていくこと。
自分のやり方を、愛情の名の下に他人に押し付けてはばからないこと。

実はこれ、男性脳や、男性脳型社会で働く女たちには、もっとも苦手な世界である。
合理化が、競争に勝ち抜くための男性脳の主機能である。

けれど、合理化がキーワードでは、幼い子どもも老人も、仕組みからはじき出されてしまう。
家庭は、合理化の対極にあるものでなければならない。

それこそ、「たまには、ただ黙って、傍にいて。ママが好きだから」の世界なのだ。
(中略)というわけで、「パブリックは合理化、プライベートは非合理化」。
私の最近の生活信条である。少しぐらい散らかっていても、寄り添う時間を大切にする。
論理的名な意味はなくても、季節の行事は大事にする。

(以上転載部分)
===========================================

上記内容に出てくる家族のメッセージはまさにかに座の心理、
そして「パブリック」「合理化」「論理的」「男性脳型社会」は、
かに座の反対に位置するやぎ座の心理です。

著者の「パブリックは合理化、プライベートは非合理化」は
どちらが欠けてもいけない、
占星学的にいうとやぎ座とかに座のバランスを物語る言葉だと感じました。

私自身は、これまで、どちらかというと、かに座のあらわす
大事なものが、あまりに当たり前すぎて
おはずかしながら、気づかなかった面があります。

けれど近年、周りの友人たちや仲間や彼、恩師の方々から、
一緒に季節の行事やごはんの時間を重ねていくことを大事にする
ことで、絆ができていくことを改めて気づかせて頂きました。

そして、かに座のあらわす心の基盤(家族や仲間との家族的つながり、
故郷、心の居場所といった安心感)に支えられているからこそ
人は社会で元気にいられるのだと気づいたとき、自分がこの国や故郷に
生まれたことや家族や周りの人々に、感謝できたのです。

21日から、来月7月22日頃までは、太陽はかに座に位置しています。

この時期はぜひ、 ご自身の祖国の文化や風習、そして家族的つながりの絆に
いつも以上にフォーカスされると、自分の基盤や晩年運、家族運の
アップにつながるかもしれません。

(以上です)







パンドラの箱の最後に残った“希望”の植物。地球と子宮に優しいハーブの
ステビア 星から見た 時流 市場 景気 ファイナンシャル アストロロジー 金融占星術
お問い合せ 当社ご案内 営業日や営業時間について プロフィール 大和撫子プロジェクト
イベントや講座のお知らせ メディア掲載のお知らせ 毎週更新ブログ メールマガジン プロデュース





Copyright(c)2002-2018 ANGELIC DESIGN All rights reserved.
当サイトに掲載されている全てのコンテンツの無断転載を禁じます。