星の 癒し アストロロジー(西洋占星学)。あなたの生まれ持った星は、あなたの中の輝きを教えてくれるでしょう 色彩で知るあなたの魅力 「オーラソーマ」英国式カラーケアシステム(通称カラーセラピー)は、あなた自身を映し出す色彩の心理学です パンドラの箱の最後に残った“希望”の植物。地球と子宮に優しいハーブの
ステビア 星から見た 時流 市場 景気 ファイナンシャル アストロロジー 金融占星術
お問い合せ 当社ご案内 営業日や営業時間について プロフィール 大和撫子プロジェクト
イベントや講座のお知らせ メディア掲載のお知らせ 毎週更新ブログ メールマガジン プロデュース
●毎週更新エッセイ●コラム「運命の不思議法則シリーズ」→vol.2 こだわりを手放すと天職がやってくる













今回は、“こだわりを手放すと、天職がやってくる”話です。

※ちなみに、今回このテーマで取り上げる“こだわり”とは、
「こだわりの味」とか「細部まで丁寧にこだわる」といった良いこだわりではなく、
持っていることで自分がきつくなったり周囲との軋轢がうまれたりする
“自分をハッピーにしないこだわり”です。最新の心理学では、よりハッピーになる
事=新しい自分になる事、人とつながる事を恐れるエゴの罠、ともいわれるそうです。

さて、本題です。
人はよく、天職やライフワークに出会うことを夢見たりします。
もちろん私も同じです。そして、不思議なことに、それらは
自分で探しているときに見つかることもありますが、向こうからやってくる
確率のほうが断然多いのです。なぜかは、はっきりとはわかりません(笑)

これは決して他力本願的な意味ではないのですが、
今目の前にある仕事を楽しんでやっていると、ある日突然
「こういうのを作ってほしいのですが、可能ですか?」
「こんなことをやるので、協力していただけますか?」
「こういう企画があるので、いらしていただけますか?」
というような話が、周りからやってきます。

実はわたし自身、自分のオフィス業務で行っている仕事は、
すべてそういった形でやってきたものばかりなのです。
10年位前、デザイン学生だったころに、学校のそばにある
日本で初めてオープンした天使ショップ(現在はありません)
に通っていたところ、ある日突然デザイン(会員誌)のお仕事
を頼まれ、それがきっかけで
天使の絵を描いたり、デザインの仕事をすることに夢中になります。

その後学生時代からの友人が結婚することになり、
「天使の絵のウェルカムボードをつくってほしい」と頼まれます。
当時の私は、ウェルカムボードの存在を知りませんでしたが、
それがきっかけで、今のメイン業務である「ウェルカムボードの
製作販売」がスタートします。そしてその後、ブライダル関連のお仕事の
方々との出会いが重なり、ネットでもショップをひらき、今に至ります。

全て書くと長くなるので割愛いたしますが、自分が今行っている仕事は
すべて、そういった形で外部からやってきたものばかりです。

もちろん、「天職」かはわかりませんが、仕事をしているとき
「自分はこのために命をもらっていると思えるのが天職」であるのなら
それに近いのかな??と思います。

そして、ここからがたぶん鍵なのかもしれませんが・・・

●天職やチャンスがやってくる時というのは、大きなこだわりを手放した後なのです。

例えば、「自分は、こういうのでなきゃいや!」とか「こういうのしかやらない!」と
いうようなこだわりかもしれないし、「自分にはそんなことはできない」という
自信のなさという意味でのこだわり(過去の経験)かもしれません。
いずれにしても、大きなこだわりを手放して自分が「まっさら」な状態になると・・・
一個人的な体験なので絶対とはいいませんが、
●大きなこだわりを手放すと、早ければ3日以内に、新しい機会やチャンス、
嬉しいお話がやってきました。

そしてさらに不思議なのは、
●やってきた機会や仕事の中から、自分の心が楽しく感じるものをやりはじめると、
「自分はこういうのを求めていたんだ」と心の深い部分でしっくりくるのです。
加えて、ハッピーな出会いや以前より豊かな状況が待っているのです。

こだわりがない。それはある意味「自分はこういう者です」という決め付けが
ない状態かもしれません。不思議研究の第一人者、森田健さんは
この世とあの世の仕組みの科学的調査で有名ですが、森田さんは
その身体をはった体験であの世に行った(!)際
天国(より明るい領域)へのドアの前で「あなたは誰ですか?」ときかれます。

「わたしは森田健です」とか「私はこういう者です」と答えると、そのドアは
開かなかったのに「私は誰でもありません」と答えた時、そのドアは開いたのです。
ちなみに、そのドアの向こうは天国の若返りエネルギーが満ちていたとのこと。
「わたしは誰でもない」=360度の可能性がある。つまり、こだわりが
ない人ほど若いのは、こういった不思議現象からも解明できそうです。

又、日本1の納税額やユニークな人生法則メッセージでもおなじみの
斉藤ひとりさんやそのお弟子さんたちは、天職について
●頼まれごとというのは、未来の仕事が形になって“今”やってきたもの
だから、天職を探すのは時間のムダ。未来からやってくるから、準備の
しようがない。

●頼まれごとがやってくると、運勢に勢いが出てくる。
●力を出して出して出し切ると、神様が次の能力をくれる。
●人から喜ばれることをする=天と人が味方する=成功
●成功や幸せに特別な才能や努力はいらない。むしろそれらは
ネガに出ると制限やプライドをつくり、豊かさを邪魔する場合も。

と、わあ~と目から鱗!!の人生法則を述べられています。けれど、世の中を
実際見てみると、納得するばかりの、珠玉のメッセージです。

さて、話題が飛びましたが、私の体験では、
こだわりというのは、あるメッセージを持っていました。
それは、「こだわりを手放すと、想像以上の幸せやラッキーが待っているん
ですよ」というような・・・♪

そして、人間はラッキー体質になるにしたがって、こだわりも減る。
こだわりが減るから、ラッキー体質になる、という好循環があるようです。

最後に・・・
●こだわりがなくなると、周りが素敵な良い人ばかりに恵まれる
ようになるようです。スキ嫌いが少なくなるからというのもあるのかもしれませんが、
それ以上に、「こだわりを手放すと天職がやってくる」のと同じように、
「こだわりを手放すと素敵な出会い(出愛)が増える」からかもしれません。

(以上です)








コラム「運命の不思議法則シリーズ」トップページへ戻る





星の 癒し アストロロジー(西洋占星学)。あなたの生まれ持った星は、あなたの中の輝きを教えてくれるでしょう 色彩で知るあなたの魅力 「オーラソーマ」英国式カラーケアシステム(通称カラーセラピー)は、あなた自身を映し出す色彩の心理学です パンドラの箱の最後に残った“希望”の植物。地球と子宮に優しいハーブの
ステビア 星から見た 時流 市場 景気 ファイナンシャル アストロロジー 金融占星術
お問い合せ 当社ご案内 営業日や営業時間について プロフィール 大和撫子プロジェクト
イベントや講座のお知らせ メディア掲載のお知らせ 毎週更新ブログ メールマガジン プロデュース





Copyright(c)2002-2017 ANGELIC DESIGN All rights reserved.
当サイトに掲載されている全てのコンテンツの無断転載を禁じます。