星の 癒し アストロロジー(西洋占星学)。あなたの生まれ持った星は、あなたの中の輝きを教えてくれるでしょう 色彩で知るあなたの魅力 「オーラソーマ」英国式カラーケアシステム(通称カラーセラピー)は、あなた自身を映し出す色彩の心理学です パンドラの箱の最後に残った“希望”の植物。地球と子宮に優しいハーブの
ステビア 星から見た 時流 市場 景気 ファイナンシャル アストロロジー 金融占星術
お問い合せ 当社ご案内 営業日や営業時間について プロフィール 大和撫子プロジェクト
イベントや講座のお知らせ メディア掲載のお知らせ 毎週更新ブログ メールマガジン プロデュース
●アストロロジー●「星の言語シリーズ」→●「アストロロジーで見る結婚(時期)のヒント♪」





「アストロロジーで見る結婚(時期)のヒント♪」(2017年9月号)




未婚ご既婚問わず、お楽しみくださいませ(*^^*)

【はじめに】

占星学では、進行法というものを用いてその時々の運気、「いまどんな感じか」を見ます。

進行法の中でも、生まれたときの太陽を用いた進行法は年運などに重宝します。
これは、1年に1度ずつ太陽を動かしていくものです。

1つの星座は30度数あり、
これが12星座で360度=1つの円(輪廻の輪)をつくっています。

さそり座の0度で生まれた方は、30歳のときには、さそり座30度。
31歳のときには、次のいて座のステージに入ります。

・・・長くなるので今回は知識解説はできるだけ省いて綴ります。

【本題】

当社の鑑定データで、
「この星の配置のときに、結婚される方が、やたら散見される」と思う配置がありました。

それは「進行の太陽が、出生の金星の真上にきたとき」です。

これは、古典的な占星術でも言われていることでしたが
実際に目の当たりにすると、偶然では片付けられないものを感じます。

この配置ができる年含め前後1年以内に結婚される方は周りにも当社鑑定データにも多く、
芸能界では、観月ありささん、神田うのさん、水谷雅子さんも。

それまで独身を謳歌していたような場合でも、または、まだお相手と出会っていなかった場合でも。

この星の配置の年には、ご結婚されたり、この配置の年に結婚相手に出会う可能性が高いのです。

つまり、何らかの結婚アクションがおきやすくなるようです。

余談ですが、元祖魔性の女といわれた葉月里緒菜さんは
あと2年ほどでこの配置ができるので、ご再婚されるのでは~と思ったりします☆

【体験談】

一番はじめに気づいたのは自分のケース。
私はこの配置ができるのが33歳、主人がこの配置ができるのが42歳の年でした。
そしてその年に出会い、同年結婚しました。

そのときは偶然としか思っていなかったのですが

その後も、ご結婚された私の友人女性3人がもれなくこの配置だった時に、
ようやく必然に感じデータを集め始めました。

なお、うち1人には、この配置ができはじめた年に
「この配置のときは、結婚の時期の可能性高いらしい」なんて盛り上がっていました。
が、彼女は当時まだ現在のご主人さまと出会われていませんでした。

ただ、彼女は偶然か必然か、
「一緒に生きていく人に出会いたい」モードになり始めていた時期でした。

【補足】

さて、この配置は、生まれたときの金星が、太陽の後ろにあることが前提です。
たとえば、金星の位置する星座が、太陽星座より前の場合(例:金星がみずがめ座、
太陽がうお座)ですと、物理的にこの配置は形成されません。

あと、太陽が金星の後ろにあったとしても、
この配置ができるのが小学生のとき、というのは現実的に(法的に?)結婚可能年齢で
ないことから現実的に難しくなります。

※もちろん、結婚の配置というのは、他にもありますので
この配置のときしかチャンスがないということはむろん、ありません。


【アストロロジーで見る結婚のヒント】

●さて、この星の配置のときは、どういった精神的変化があるのか?を見ていくと、

逆引きで、どういう精神的変化が結婚を引き寄せるのか?に繋がります。

ざっくり言いますと、この配置のときは
★金星(愛と美、調和)の周波数に合いやすくなる★です。

具体的には・・・女性の場合は「愛されたい」「守られたい」「1人でがんばらなくていい」
という、愛を受け取る器、自己受容が高まります。

そして、ここでいう「調和」の周波数とは。
自分の中の女性性と調和しやすくなるという意味です。

女性であることを受け入れる。それは、自分の素直な感情、弱い部分をも受け入れて、
すこんと柔らかく、という在り方のようです。

語弊があるかもしれませんが、この時期のテーマは「がんばらない」です。

“引き寄せ”で著名なエイブラハムさんの言葉を拝借すれば「オールを手放す」でしょうか。


【金星エネルギーいっぱいの映画】

この配置にぴったり?だと感じたのが映画「FLOWERS」
蒼井優さん、鈴木京香さん、竹内結子さん、田中麗奈さん、仲間由紀恵さん、
広末涼子さんら6名が主演です。大正から平成までの女性の生き方を描いた映画ですが、

時代が変わっても、根底で変わらない「女性性」が鮮やかに描かれています。
とくに、ラストの、蒼井優さん演じる主人公のセリフや在り方は、運命を受け入れて
流れに身を任せる「女性性」の何たるかを、見せて頂きました。

話がそれましたが、結びに、金星の周波数と合う在り方を綴ります。

「楽しむこと」「心地よいと感じること」「自分をたいせつに扱うこと」
を、たいせつに、がメインです。

余興で・・・♪
金星モチーフは、リボン、バラ、フリル。
金星のあらわす漢字は「叶」(金星マークを横にした形)

・・・いかがでしたか?皆様の金星が輝く、夢叶う秋でありますように♪

(以上です)









星の 癒し アストロロジー(西洋占星学)。あなたの生まれ持った星は、あなたの中の輝きを教えてくれるでしょう 色彩で知るあなたの魅力 「オーラソーマ」英国式カラーケアシステム(通称カラーセラピー)は、あなた自身を映し出す色彩の心理学です パンドラの箱の最後に残った“希望”の植物。地球と子宮に優しいハーブの
ステビア 星から見た 時流 市場 景気 ファイナンシャル アストロロジー 金融占星術
お問い合せ 当社ご案内 営業日や営業時間について プロフィール 大和撫子プロジェクト
イベントや講座のお知らせ メディア掲載のお知らせ 毎週更新ブログ メールマガジン プロデュース





Copyright(c)2002-2017 ANGELIC DESIGN All rights reserved.
当サイトに掲載されている全てのコンテンツの無断転載を禁じます。