星の 癒し アストロロジー(西洋占星学)。あなたの生まれ持った星は、あなたの中の輝きを教えてくれるでしょう 色彩で知るあなたの魅力 「オーラソーマ」英国式カラーケアシステム(通称カラーセラピー)は、あなた自身を映し出す色彩の心理学です パンドラの箱の最後に残った“希望”の植物。地球と子宮に優しいハーブの
ステビア 星から見た 時流 市場 景気 ファイナンシャル アストロロジー 金融占星術
お問い合せ 当社ご案内 営業日や営業時間について プロフィール 大和撫子プロジェクト
イベントや講座のお知らせ メディア掲載のお知らせ 毎週更新ブログ メールマガジン プロデュース
●アストロロジー●「星の癒しエッセイ 星座の気持ち」→第7回「“さそり座の女”の理由」












先日10月24日より太陽がさそり座に入室しました。
現在、さそり座のシーズンです。さそり座といえば
その昔、美川憲一氏の「さそり座の女」という歌がヒットしました。
http://www.youtube.com/watch?v=HoqIktHSD5g

1972年発売というかなり昔ですが、たぶん、多くの人がご存知の曲かと思われます。

女性の、ドロドロした情念的な愛を歌った曲。
この歌が「ふたご座の女」とか「みずがめ座の女」という、どちらかというと
クールで情念にとらわれない傾向を持つ軽やかな風の星座でなく、
深い重みがあり、一点集中型、持続傾向のあるさそり座のエネルギー、
あえて「さそり座の女」としたところに、作詞家は占星学に造詣のある
方なのではないかと感じてしまいます(笑)

ちなみに、太陽星座がさそり座でなくても、ほか天体がさそり座やさそり座と
関連のある8ハウスにあったりすると、当然のことながらさそり座のエネルギー
傾向は増します。その逆も然りで、太陽星座がさそり座でも、ほか天体が
エレメントの異なる星座に集中していれば、さほどさそり座の質は顕著ではありません。

(追記:余談ですが美川憲一氏は、本能をあらわす月がさそり座に位置)

さそり座という質が持つ、情念深さ、愛着の深さ、執着、根深さ・・・。
なぜさそり座はそれらをあらわす星座なのか。

今回はさそり座のエネルギーの秘密に迫ってみましょう。
(※さそり座の人が、という意味ではなく、さそり座という
星座のエネルギー、質についてのお話です。)

●さそり座の代表的な質は、「I transform 私は変容する」です。
古い自分が死んで新しい自分に生まれ変わる。
ここでいう変容というのは全く新しく生まれ変わることですから、
しばし別人に生まれ変わっていくこと、を示します。

ある意味、ありのままの自分に満足せず、大きく変容していくのです。
では、何をもって変容していくかというと

「深く関わる人間関係によって自分が新しく生まれ変わっていく」
あるいは「自分がそれと一体化するほど深くのめりこむ何かを通じて」です。
「あなた色にどっぷり染まる」「はまり役となる」とでもいいますでしょうか。

そして、深く関わる人あるいは対象によって人生までもが変わることです。

特定の人あるいは対象と深く関わることによって自分を変えていく。

たとえばこれが仕事、研究、趣味(といってもさそり座のエネルギーは極める
エネルギーなので趣味の領域を出てしまうようですが)
であれば、その分野のスペシャリストになる可能性を秘めています。
文字通り「はまり役」となります。

そしてもしこのエネルギーを人間関係に注いだ場合、一途で献身的な愛情となります。

さそり座のエネルギーは愛情においても「究極」を潜在的に求めているようです。

★さて、さそり座のエネルギーが成長中のプロセスのとき、
その「究極」を求めるエネルギーは「特定の相手への必要以上に執着」
という形であらわれることが少なくありません。

それは「相手あってこその自分」と思うからです。
潜在的には「相手がなくては自分は生まれ変わることができない」と
思っているかもしれません。
だからこそ自分が生まれ変わるために、特定の相手に執着します。

なんとしても変容が完了するまでは手放したくないのです。
さそり座の執着はここから来ていることが多いようです。

さて、潜在的には自らの変容を求めているからの執着なのですが
顕在意識では気づいていないかもしれません。顕在意識では
執着で苦しい切羽詰った感情となるかもしれません。

けれど、必要以上に執着している時点で
「自分は自分だけでは何か足りない、欠けている。
相手に欠乏を埋めてもらいたい。」という不足感をあらわしているのです。

そういった時は不思議なもので、あるいは鏡の法則のように
ますます自分自身の欠乏を感じるような関係を選択してしまいます。
例としてあげますと「このままの自分では愛されない」と思ってしまうような
安定しない関係や不毛な関係を選択してしまうなどなど。

ゆえに、さそり座のエネルギーが成長中のときは
恋愛あるいはパートナーシップにおいて時に渇望、絶望、虚無感を
感じるかもしれません。(※再度注意ですが、さそり座の人が、
という意味ではなく、さそり座という星座のエネルギーについてのお話です。)

さそり座の絶望は果てしなく深いものです。
さそり座の支配星は冥界(黄泉の国)の王プルートの名前を持つ冥王星です。
そのエネルギーが破壊的な方向にいくと、時に幸せを選択しないという
隠れた復讐の形になるかもしれません。

●けれど、オールオアナッシングをあらわすさそり座のエネルギーは
絶望の底に落ちるところまで落ちたとき、
V字回復のごとく不死鳥のように蘇るのです。

いくら外に求めても、求める愛を得られないとわかってしまったとき
ようやくさそり座の成長中のエネルギーは折り返し地点を迎えます。

★反対側の星座のおうし座が「自分の欠けている部分を補おうとするために
外に求めるのではなく、“そのままの自分に満足しなさい”」と
語りかけてくるのです。おうし座はカラーセラピーでいえばコーラルで
あらわされることがあります。コーラルとは「愛の智恵。ありのままの
自分を愛する智恵」でもあります。

不思議なことに、さそり座が「そのままの自分」を受け入れたときに
自足したときに、ようやく求めてやまなかった本当の愛に出会います。
「このままの私が愛される」心底の安心感です。

いえ、もしかしたら愛はすでにあったのかもしれませんが
わざわざ難しい道「この方法でなければ」という強いこだわりに
とらわれていて受け取ろうとしなかっただけなのです。

そして、さそり座がそのままの自分に満足したとき
あれほど強烈に深かった愛に対する執着は和らぎ、平均的になります。

●だって、求めていたものは外ではなく自分の中にあったのですから。
この感覚は、決して抽象論ではなく実際に絶望の淵から這い上がった際に
備わる感覚です。
不死鳥は「外ではなく、自分の内側にある」感覚を備えて生まれ変わって
くるのです。

進化したさそり座のエネルギーは関係性において無限大です。
自足したエネルギー「そのままの自分を愛する」エネルギーは
まるで円のように、欠けていません。だからこそ人間関係で
円と円の関係で、無限大となっていくのです。

★太陽がさそり座にあるこの時期、反対星座のおうし座のギフトである
「そのままの自分に満足する」ことを意識してみてください。
きっと、より幸せな何かが開けてくるかもしれません。

★補足:さそり座の支配星の冥王星について
「冥王星~あなたの中のプロジェクトX~」

(以上です)









星の 癒し アストロロジー(西洋占星学)。あなたの生まれ持った星は、あなたの中の輝きを教えてくれるでしょう 色彩で知るあなたの魅力 「オーラソーマ」英国式カラーケアシステム(通称カラーセラピー)は、あなた自身を映し出す色彩の心理学です パンドラの箱の最後に残った“希望”の植物。地球と子宮に優しいハーブの
ステビア 星から見た 時流 市場 景気 ファイナンシャル アストロロジー 金融占星術
お問い合せ 当社ご案内 営業日や営業時間について プロフィール 大和撫子プロジェクト
イベントや講座のお知らせ メディア掲載のお知らせ 毎週更新ブログ メールマガジン プロデュース





Copyright(c)2002-2017 ANGELIC DESIGN All rights reserved.
当サイトに掲載されている全てのコンテンツの無断転載を禁じます。