星の 癒し アストロロジー(西洋占星学)。あなたの生まれ持った星は、あなたの中の輝きを教えてくれるでしょう 色彩で知るあなたの魅力 「オーラソーマ」英国式カラーケアシステム(通称カラーセラピー)は、あなた自身を映し出す色彩の心理学です パンドラの箱の最後に残った“希望”の植物。地球と子宮に優しいハーブの
ステビア 星から見た 時流 市場 景気 ファイナンシャル アストロロジー 金融占星術
お問い合せ 当社ご案内 営業日や営業時間について プロフィール 大和撫子プロジェクト
イベントや講座のお知らせ メディア掲載のお知らせ 毎週更新ブログ メールマガジン プロデュース
●毎週更新ブログ●バックナンバー→●2010年5月~6月




 vol.371 里山ツアーご報告 



★左:ランチは青空カフェで今回の料理長花さん、しおっちさんが作って
くださった地元野菜たっぷりのブロッコリーバーグメインの美味プレート!

★右:夜の宴会のお料理は料理長花さんがお味噌汁と玄米や白米を
炊いてくださり前菜やメインは参加者全員でそれぞれのアイディアで
ラタトゥユや焼き鳥、お豆腐料理やなど沢山作りアットホームな親睦会に。


★上左:青空カフェでインタビュー中の番組ナビゲーター美佳さんと
インタビューを受けるMATOさん。真ん中に映ってらっしゃる男性は
今回ゲストでいらしてくださった「天上のシンフォニー」(講談社刊)
の著者伯宮幸明さん。栃木で農業イベントも開催されています。
★上右:ぶくぶく農園桑原さんの、苗の選定お手伝いで農業体験も。


★上左:里山を撮影したらオーブ(光の玉みたいなもの)も映っていました。
自然のスピリットも喜んでいたのかも!?このオーブ、カメラレンズ越しにしか
映らないのですがしばらくしたら消えてしまいました。不思議な現象です☆
★上右:みなさんでパチリ。このあと宴会準備の前に、温泉に行きました。


★上左:ずっと都会の真ん中育ちで、今回生まれて初めて里山体験
をされたという25歳の男の子。宴会を盛り上げてくださり感謝です。

★上右:当日の宴会&宿泊場所は八幡神社の隣の古民家。神社参拝に
あかるいmariさんと温泉前に参拝もしました。先日、mariさんの産土神社
(世田谷)に立ち寄ったのですが、今回偶然にもこの八幡神社は私自身
の産土神社であることがわかりました。お互いの産土神社にご挨拶です♪


★上左:乾杯!のすぐあと。★上右:このあとも夜更けまで盛り上がりました♪







●Time is Artと“プライスレス”な時間

vol.368で紹介いたしました
インターネットテレビ番組「そぉら♪」取材記念ツアーが
6月14日に開催されました。

参加者のみなさま、Time is Artなお時間をご一緒
くださり本当にありがとうございました☆
今回のツアープロデューサーMATOさん、
番組ナビゲーターの美佳さん、お楽しみさまでした♪

今回の流れは、vol.368でも書いたとおり、
3月にインターネットテレビ番組「石田美佳のそぉら♪」で、
番組ナビゲーターの石田美佳さんがオーラソーマ取材に
いらして下さった際、ひょんな思い付きで、友人のカフェ&
ツアーデスク「パシフィカ」さんを会場にご協力頂いたのですが、
取材時、オーナーの山崎誠さん(以後、MATOさん)と美佳さんも
意気投合♪話の流れで、7月配信の「そぉら♪」はMATOさん
のアテンドにて、里山ツアーを取材いただくことになりました。

収録は下記のページ「石田美佳のそぉら♪」
(4月1日配信)からご覧頂けます。
今回の里山ツアー収録は来月7月1日から配信とのことです。
インターネットテレビ局 ちゃんねるロゴス

昼間も夜も定員15名を若干超える人数での遊び企画でした。
いらっしゃった皆様、ロハスに造詣が深くお仕事にも取り入れて
らっしゃる方々が多く、そのご活躍たるや
オールスターぞろいの濃いキャラクターのようにお見受けしました。

くわしい内容は
7月1日からの「石田美佳のそぉら♪」をご高覧ください。
さすがのステキ美佳さんのナビゲーターが光ってらっしゃる、
心が伝わる番組に編集なさっているのではと思います。
天候は小雨でしたが、日中は
小瀬田プロジェクトという、NPO「懐かしい未来プロジェクト」で有名な
小瀬田(里山)に出現したビニールハウスカフェで自然力いっぱいの
ランチのあと、プチ農業体験や、里山を守るぶくぶく農園の桑原さん
のお話を伺いました。

桑原さんのお話を聞きながら、
私は「木を植えた男」という絵本を思い出していました。
この本の主人公のように、たった1人で荒れた里山を開墾
された桑原さん。里山が蘇ると同時に蛍やミツバチ、
子供達も里山に集まるようになったそうです。

兄弟木の片方がゴルフ場工事で切られてしまったこと
を悔やんだ事、そして
「人間が桑を持ってできることは限られている。それに比べれば
ブルトーザーで山や谷を作ることができるのは人間の神業。
その神業をもってすれば、
壊したものを生まれ変わらせることもできるはずだ。」

その言葉を聴いたとき、
絵本「木を植えた男」の中のフレーズを思い出しました。

「魂の偉大さの影にひそむ不屈の精神」
「心の寛大さのかげにひそむたゆまぬ熱情」

私はこのフレーズを読んだとき
「木を植えた男」はオリーブグリーンまたはグリーンの男性
なのかもしれない、と思ったことがあります。
そして今回、私自身も、
グリーンの色彩言語に関連する
大切なことを思い出させて頂きました。

それは「ハート」です。
まさに、タイムイズマネーではなくタイムイズアートの
意味を深く理解したかのようなプライスレスな時間でした。

自然の中で自然の力いっぱいのお食事を大好きな人々と
みんなで一緒に食べて、笑って時間を共有すること。

そのとき私は自分にとっての
「本当の贅沢」に気づいてしまったと感じました。

そして、手作り感満載の親睦ツアーだったこともあり
「二度と同じ時間はこない」ことを感じたのです。
幸せな切なさに泣きそうになってしまいました。

本当の豊かさ(ハートの余裕)。自然の中に答えがある、
自然が教えてくれる。いずれもグリーンの色彩言語です。

私は、本当の豊かさは心の中はもちろん、当たり前ですが
物質やお金にも重きをおきます。それらは色彩であらわすと
レッド。人間のからだの足元をカラーセラピーでレッドで
あらわすように、レッドはまず基盤、基本だからです。

けれど、今回プライスレスな豊かさを感じたとき、
レッドの補色のグリーンのギフトを感じました。
「心の贅沢」を教えて頂いたことに感謝の気持ちでした。

普遍的に大事なものに気づく機会をくださった
ツアープロデューサーのMATOさん、
番組ナビゲーターの美佳さん、
そして一緒に贅沢な時間を過ごしてくださったみなさん、
全てのご縁の源となってくださった
ドームパラダイスのみおさん&ゆきさん、
本当にありがとうございます☆









 vol.370 愛ある言葉と星の知恵 










●最強のもの

愛と感謝。一見して使い古されたような文言ですが、これこそ人を根底から
突き動かすものだと再確認させて頂きました。
先月アストロロロジーご依頼くださった大阪のS・T様から、温かいお手紙を
頂きました。ちょうど、思考が左脳にかたより袋小路にはまったような
アイディアしか出なかった日に、帰宅後お手紙を拝読し、大感激と同時に
一気に思考のからまりが解けて拡大し、ハートが開いたのでした。

すると次々にアイディアがわき
「なぜこんな簡単なことで1日考えあぐねていたのかしら?」と不思議な
気分に。つくづく、ハートと思考がつながることの効力を感じました。
S・T様、本当にありがとうございます☆

そして、先々月から、国境を越えてアストロロジーのお仕事をやりとり
させて頂いているオハイオ州在住のU様。
本当にステキな、女性ととしても人としても、人生の先輩です。
どれだけ私の魂を力づけて頂いているか・・・。先日のメールでは、
私の彼にも感謝メッセージを書いてくださったのを拝読したときには、
感無量・感涙になってしまいました。本当にありがとうござます。


●星の知恵を使いこなす

さて、アストロロジーでは現在、星が歴史上大きく動いている時期であり、
カーディナルクライマックスと言って、世界的な金融危機や大不況をあらわす
配置を示唆するという説もよく言われます。
でもこれは、過去の例に縛られず新しい時代の波を察知した場合は未曾有の
大チャンスのはずなのです。

冥王星も絡んでくるので、不死鳥のエネルギーも持ち、生まれ変わることに
柔軟になることによって、全く未知の可能性がうまれるのかもしれません。

そして、過去のやり方や古い慣習を良しとする保守的な土星と、型破りで、
常に新時代に行こうとする天王星が対極の角度をとっているのがここ最近です。
こんなとき左脳に傾いては過去のデータに縛られてしまいます。
ハートをひらくこと=創造的になること。(未来からのヒントに自分を
ひらくことや周りと繋がること)が鍵なのかもしれません。

土星も天王星も私たちの意識です。くわしくは星の言語シリーズをお読みください。
エッセイ「星の言語シリーズ~アストロロジーは宇宙的な心理学?~」

つまり、夜空の天体で土星と天王星が綱引きをしているということは、
私たちの意識も「古いやりかたで行くかVS過去に全くない新しいやり方でやるか」と
なりやすい傾向をあらわしているのです。
でも、星の影響は意識化できた時点で消えるといわれます。
なぜなら、私たちの意識の投影だからです。意識していないと影響を無意識におよぼす、
けれど意識化できたら、それが「外からやってくるもの」でないことはわかります。

オーラソーマ(R)創始者のヴィッキー女史の言葉をかりれば「内にあるものが外に出ます。」

だから、土星と天王星の角度は、
自分の中にある「古い自分」と「新しい自分」を統合してしまえばよいのです。
そのときその人は、現在の星の配置に象徴された旬のエネルギーを味方につけることができます。

余談ですが、私のビジネスメンターの1人で、
生まれたときのかに座の太陽の位置に対して、現在天を運行する冥王星からピタリ
180度の角度でターゲットされている配置の方がいらっしゃいます。

冥王星という、通常では使いこなせないといわれるほど巨大なエネルギー。
冥王星のあらわす事物が、原子力エネルギー、核エネルギー、黒幕、フィクサー、
政府や国家の要人、先祖、といったら想像できますでしょうか。
オールオアナッシング、破壊か創造か、両極端なのです。
冥王星については下記をお読みください。 『冥王星~あなたの中のプロジェクトX~』

その方は、実業家として、又大きなチームのリーダーとして成功されていらっしゃいますが、
ここ最近急に、祖国を守るという使命を持って政治の世界にかかわりはじめられました。
あくまで個人的なアストロロジーの観点からの見方では、「通常であれば抱えきれない位
破壊的な位ビッグな冥王星のエネルギーを良いほうに吸収されていらっしゃるのだな。」
と器の大きさを感じました。
しかも、その方の太陽星座はかに座。
かに座は家族や故郷や祖国といった自分のルーツを大事に守る、保護本能の星座です。
成功者は、星のエネルギーを建設的な方向に利用し、それによって貢献のガソリン
にしてしまうのかもしれませんね。

具体的に何をすればいいのか?というのは1人1人異なります。
けれど、上記の例でいえば、もし、自分の内側にある冥王星を意識しなかった場合、
「大変な試練が来た」と思い、挫折に打ちのめされてしまいます。
けれど、自分の内側の冥王星(不屈の精神、不死鳥、大きく自分が変容すること)を
意識したときには、天を運行する冥王星は、ギフト(カリスマ性、歴史的社会貢献、
未曾有のバージョンアップ)に化けるのです。

私たちにこの星の知恵をのこしてくれた先人達は、
可愛い子孫たちが幸せな人生を歩めるように、虎の巻として残してくれたと
思っています。だから、星の知恵は机上の空論でも絶対的名予言でもなく、
虎の巻であり、カーナビであり、医療でたとえたら予防医学であると思っています。
星の力をどう使うかは本人次第。
それは、星が私たちに与えてくれた自由の鍵なのかもしれません。










  vol.369大和撫子プロジェクト  










●言霊に力が宿る

先月、氷川神社での言霊セミナーを再受講した際に気づきましたが
美しい言霊は日本人本来の強さ、サムライ精神ややまとなでしこ精神を強めるのではないかと
いうことです。聖書にも「まず言葉ありき」とあるけれど、
言霊の力が弱くなるということは、その人自身の力や国力の衰退にもつながるのでは
ないかしらと少し危機感を感じました。

●自分の根っこ、ルーツの強化

では、今すぐ個人としてできることは何なのだろう?と考えたとき、
自分のルーツ、日本人としてのアイデンティティをしっかり自覚することだなあと感じました。
あとは、やまとなでしこ本来のしなやかでありつつ芯の強さ(健やかな女性脳)を発揮すること。
これは、脳科学の黒川伊保子先生の説によれば、早寝早起き朝ごはん、だそうです。
あとは、神仏に手を合わせることかもしれません。
仏壇には毎日お線香を上げていますが、神社参拝とかも良いのでしょうね。

余談ですが、
友人のmariさん が日ごろ神社参拝ツアーを楽しんでらっしゃることから話が発展し、
近いうち、mariさん共々お世話になっている会社のチームCEOの男性を伴ってその会社の
産土神社参拝に行く企画を立てました。
そんなこんなで「やまとなでしこプロジェクト」として身近から思いつく限り、
楽しみながら力を強化していきたいと思います。

今のように混沌とした時代は、色彩でいえばオリーブグリーン。
そしてオリーブグリーンはやまとなでしこの色といわれ、芯の強さという意味での忍耐、
WIN/WIN、フェミニンリーダーシップ、新しい時代の平和をあらわします。
ちなみに、オリーブグリーンのフェミニンリーダーシップというのは縁の下から支える傾向が
大きいように見受けられます。

●時代の変わり目の年

そういえば、先日ある方が「大変な時代というのは、大きく変わる時代」と仰っていました。
アストロロジーの観点では、先月28日に天王星が84年ぶりにおひつじ座に入室しました。
おひつじ座は12星座の最初の星座であり、12星座の輪廻のトップバッターです。
ゆえに、パイオニア、第一人者というエネルギーを持つ星座です。そこに自由と独立、
グローバルで型破りの天王星が入室するということは、大きな変革の節目の年になる可能性が
高いのです。84年前、1926年は昭和が始まった年です。
トヨタ自動車の母体である豊田自動織機製作所もこの年に設立。

余談として興味深いのは
世界最初のSF専門誌「アメージングストーリーズ」「アサヒカメラ」創刊
SFやカメラは天王星(場合によっては海王星)の管轄なのです☆

話があちこち飛びましたが、いずれにしても、大きく時代のカラーが変わっていくときです。
波に飲み込まれるのではなく波に乗るように、まずは日本人としてのアイデンティティや
美意識を大切にしていきたいなあと思う最近です。

写真はエッセイの内容と全く関係ないけれど、充電中の日曜のランチです。
ガレット(そば粉のクレープ)に
ズッキーニやかぼちゃ、ウインナー、チーズ、トマトがぎっしり。
そば粉で生地の作り方さえマスターしたら、お家で作れるかも♪

この日ふと、ただただボーっとする時間、何もしない自分、それを包み込んで
もらえる時間が必要だったのだと気づきました。
ボーっとしている時間というのは、集合無意識にアクセスしている時間なのかも?
上手に充電しながら、まい進していきたいです。









vol.368「インターネットテレビ番組“そぉら”里山ツアー」



★里山の風景

★下見中の美佳さんと
MATOさん。当日はここに
青空ハワイアンカフェ登場!








●「インターネットテレビ番組“そぉら”里山ツアー」

3月にインターネットテレビ番組「石田美佳のそぉら♪」で、
番組ナビゲーターの石田美佳さんがオーラソーマ取材にいらして下さった際、
ひょんな思い付きで、友人のカフェ&ツアーデスク「パシフィカ」さんを会場に
ご協力頂きました。

収録は下記のページ「石田美佳のそぉら♪」(4月1日配信)からご覧頂けます。
インターネットテレビ局 ちゃんねるロゴス

取材時、オーナーの山崎誠さん(以後、MATOさん)と美佳さんも意気投合♪
話の流れで、次回7月配信の「そぉら♪」はMATOさんのアテンドにて、
里山ツアーを取材いただくことになりました。

この里山、ただの里山ではないのです。
小瀬田プロジェクトという、NPO「懐かしい未来プロジェクト」でも有名な
農業と里山の風景作り及び農業と生き物の共存のモデル地域です。

MATOさんは、定期的にこの小瀬田で青空ハワイアンカフェもオープンしています。

今回の取材をかねた里山ツアー、もちろん、どなたでもご参加できます。
ご一緒に里山でリフレッシュ&青空カフェでハワイアンランチを頂きましょう♪

【6/14,15 そぉら♪@里山ツアーIN小川町】

麗しいナビゲーター石田美佳さんのインターネットテレビ番組
「石田美佳のそぉら♪」7月号の取材を兼ねたツアー遊び企画が
有機農業のメッカとして知られる埼玉県の小川町で開催されることになりました。

NHKの「プロフェショナル仕事の流儀」で紹介され、
化学肥料・農薬を使わず、半年先まで見学予約で埋まる、
今注目の金子美登さんの霜里農場も小川町にあります。

武蔵の小京都とも呼ばれ、小川和紙でも有名ですが、その小川町で評判なのが、
築90年の日本民家を改造したリゾートカフェ「パシフィカ」です。

今回、「パシフィカ」のオーナー山崎さんが
「そぉら♪」取材用にツアーを構成下さいました。
ふんどし普及家として先日読売新聞にも褌姿で紹介された山崎さんが、
「ロハス、命の洗濯、癒し、エコ、心の再燃焼」を
テーマにみなさんを
里山遊び企画に誘います。

★ツアーの舞台はNPO「懐かしい未来プロジェクト」でも有名な小瀬田(里山)です。

★ランチは小瀬田の里山の田んぼに出現した青空カフェにて、特製のランチを頂きます。

●日時:2010年6月14日(月)~15日(火)
●集合:6月14日(月)11時30分 ※日帰り参加もOKです!
※夜の宴会から参加もOKです!

●集合場所:埼玉県小川町の小川町駅(池袋から東武東上線の急行で70分)

●解散時間:各個人の任意
●定員:15名(先着順)
●会費:1,500円(昼食代、送迎代込み)←左記は日帰りのみ参加の方の代金です。

●オプション(任意)
★宿泊(素泊まり):2,000円(築100年の古民家に宿泊)
★宴会(夕食):1人2,000円~3,000円前後 
・お酒は各自お好きなものを持ち込み

●お申込み(第一次締め切りは5月末)定員につき受付終了いたしました。2010/6/8

☆================================================================☆

●石田美佳さんからのメッセージ

私はMC業などに携わっていますが、
今まで培ってきた能力を少しでも生かしながら人のお役に立てたら嬉しいな、
という気持ちでインターネット番組「石田美佳のそぉら♪」という
動画配信を行っています。(現在は季刊配信です)

多くの方々とお会いする中で感じる、
光を放っていて周囲に良い影響を与えて下さる人・場所・ものや
事柄などをご紹介して、少しでも多くの方がスピリチュアル的解釈や
行動を意識するようになって、今の自分の幸せを感じ、より豊かな社会に
なるお手伝いがしたいという願いでこの番組を1年前から始めています。

そして、7/1配信の番組で、高瀬さんの紹介で、ツアーマスターの
山崎さんにもご登場頂き、今回は、都会から近場の自然の中での癒しの
体験をすると共に、自分の街や自然を愛し守る皆様にお話を伺う予定です。

そこで、折角なので一人でも多くの方に日頃の都会の喧騒を忘れて、
まったりした一時を共に分かち合い、豊かな気持ちをシェアできたら楽しいね♪
ということから、この度、高瀬さん、山崎さんのご協力も頂く中でこの
「そぉら♪@里山ツアー」を開催する運びとなりました。

共に自然の中で楽しみませんか?

尚、石田はカメラを回しながら時として参加の皆さんを
撮影させていただくかと思いますがご了承ください。
被写体になるのはご都合が悪い方は仰っていただければ
勿論カメラは向けませんのでご安心ください。
小川町でご一緒させてのを、今から楽しみにしております!!







vol.367「ら行の時代?」



★鎌倉の由比ガ浜
GWのとある日。
海や川など水のある場所は
心理学的にも、心に潤いを
もたらすそうです♪



★パワースポット!?
世界的画家の横尾忠則氏、
建築家の安藤忠雄氏、
政界関係者など各界の大物が
多く訪れる青木の氷川神社
場所は埼玉県川口市です。



●「ら行の時代?」

先日、私のカラーのティーチャーの1人、
青木氷川神社の宮司さんの奥様である通子先生の「言霊セミナー」を1年ぶりに
友人達と再受講してきました。こちらの神社は、世界の横尾といわれる横尾忠則氏が
大きな絵や、こちらの神社専用のポスターを奉納されたり、安藤忠雄氏がバリアフリー
に設計したりなど、各界の大物がこぞって訪れている神社です。

その秘密は、通子先生のあげまん先輩パワーにあるようだ、と私は思っています。
言霊的にも、「ち」は生きていく上で必要不可欠な恵み(血、地、乳、霊)
を与えるあげまんのエネルギーがあるとのこと。
そういえば、内助の功という言葉の由来となった山内一豊氏の奥様のお名前も
千代(ちよ)さんで、「ち」がつきます。通子先生、とてもステキなお方なのです☆

以前もメルマガなどに書いたかもしれませんが、
最近は「らりるれろ」、ら行の名前をつける親御さんが多いようです。
それもそのはず、ら行はスピードとグローバルのエネルギー、世界で
通用する名前なのです。ゆえに?車の名前は
「プリウス、レガシイ、レクサス、ポルシェ、・・・」などら行が多々入ります。

ら行は古代の日本にはなかったそうです。
人は自分の名前を選んで生まれてきているそうですので、今生まれてきている子供達は、
グローバルなスピード時代で活躍するパワーがいっぱいなのでしょうね。

余談ですが、授業中、話の流れでテストステロンの話題が出ました。
テストステロンは男性ホルモンとよばれ、競争や狩りに向かせるホルモンです。
そして、手指の、人差し指より薬指が長い方は、女性でも男性ホルモン優位なのだとか。

講座では、大体の女性は人差し指のほうが薬指より短いか、または同じ位でした。
翌々日、お仕事でお会いした男性陣3名と女性1名にこのお話をしたら、
男性陣はみなさん人差し指より薬指のほうが長く(男性ホルモン優位)、
「え!人差し指より薬指のほうが長いのは普通でしょう?」と言っていました。
ちなみに1人の女性は人差し指に比べ、薬指のほうが短かったです。

私も、ずっと「人差し指より薬指のほうが長いのがフツウ」だと思っていました・・・。
この男性ホルモン、仕事の上ではすごく有難いものだと思っているのですが☆
男性ホルモンと薬指の長さの因果関係を解明したいと思う今日この頃です。









「インスパイア・ノート」バックナンバーへ





星の 癒し アストロロジー(西洋占星学)。あなたの生まれ持った星は、あなたの中の輝きを教えてくれるでしょう 色彩で知るあなたの魅力 「オーラソーマ」英国式カラーケアシステム(通称カラーセラピー)は、あなた自身を映し出す色彩の心理学です パンドラの箱の最後に残った“希望”の植物。地球と子宮に優しいハーブの
ステビア 星から見た 時流 市場 景気 ファイナンシャル アストロロジー 金融占星術
お問い合せ 当社ご案内 営業日や営業時間について プロフィール 大和撫子プロジェクト
イベントや講座のお知らせ メディア掲載のお知らせ 毎週更新ブログ メールマガジン プロデュース





Copyright(c)2002-2017 ANGELIC DESIGN All rights reserved.
当サイトに掲載されている全てのコンテンツの無断転載を禁じます。