PCページ スマホページ


パンドラの箱の最後に残った“希望”の植物。地球と子宮に優しいハーブの
ステビア 星から見た 時流 市場 景気 ファイナンシャル アストロロジー 金融占星術
お問い合せ 当社ご案内 営業日や営業時間について プロフィール 大和撫子プロジェクト
イベントや講座のお知らせ メディア掲載のお知らせ 毎週更新ブログ メールマガジン プロデュース
●毎週更新ブログ●お福分けヴィーナス(あげまん)●あげまん先輩のギフト→Vol.1「相性を超えるもの」













その女性との出会いは、1999年の春、某化粧品会社の社長さんの
バースデーパーティでした。舞浜のホテルで行われたそのパーティに、
私も友人の連れで伺ったのでした。その200人以上がひしめきあう会場で、
私は周りを見渡していました。

するとそこに、ひときわ“光っている”女性を目撃したのです。

暖かいオーラとでもいうのでしょうか、その雰囲気に見入っていると、
私をつれてきて下さった友人のお知り合いが、その方と談笑しはじめ、
紹介して頂いたのです。その光っている女性は、そのパーティの前後に
カラーやメイクに関する講演を、されていたとのこと、
その化粧品会社のジュニアもその方の前でウットリ、ニコニコ見とれて
いる程素敵な方で、その方の雰囲気は、和やかな磁力がありました。

光り輝いているオーラをまといながらも気さくで暖かな雰囲気に
すっかりファンになってしまった私に
「同じ県内なのね!ウチは神社なんです。気持ちの良い場所なので、
機会があったら遊びにいらしてくださいね」とおっしゃいました。

又、カラーセッションを銀座のサロンで週1でされているとの事、
私は興味がわき、すぐに伺いたいと思いましたが、
それから3ヶ月後、思わぬ再会に恵まれたのでした。


3ヶ月後友人達で「県内でパワースポットの神社があるらしい」と
話題になり、そのパワースポットといわれる神社に遊びに行きました。
一瞬「まさか、あの方のお家かな?」と思っていたら、その綺麗な
神社に到着したところ、まさにその方がいらっしゃったのです。

あちらも驚いていたところ、その神社の宮司さん(その方の御主人)が
出てきて「今日は神社の夏祭りだから、ゆっくりしていって下さい」
と、涼しい部屋に通され、美味しいお茶でおもてなしを受けました。

すると、その通された部屋には、日本が誇る世界的画家の大きな
大きな絵が飾られていました。驚いていたら、絵は画家自らが
その神社の為に描き、奉納されたとの事で、
又その神社のオリジナルポスターもその画家が手掛けたものでした。

それをその画家のポスター展で拝見したことがあるのですが、
某雑誌にはその宮司さん御夫妻と画家夫妻の写真が掲載されていました。
感激しながらも宮司さんに「奥様に初めて御会いしたときからファンに
なってしまって、今日は思わぬ再会で嬉しかったんです」とお伝えしたら、
すごくニコニコされながら、
「実はね、この神社はこの奥さんがお嫁にくるまで貧しい神社だったんですよ。
でも、彼女がお嫁に来てから、政財界や各業界の有名人、著名人が
お忍びでいらっしゃるほどの神社になったんです。」

といって、アルバムを見せて頂いたところ、
そこには誰もが知る各業界著名人の顔、顔、顔。又こちらの神社は日本で
初めてバリアフリーにしたり、サンリオとタイアップでキティお守りを作ったりと、
画期的な事をいくつもされていたのです。
(ちなみに神社の社務所の入り口にはカラーセラピーボトルがどーんとおいて
あったり、世界的グラフィックデザイナーが、ポスターを手掛けるのも画期的!)
たしかに、人が自然と集まってくるような、
わくわくしたエネルギーを感じる綺麗で素敵な神社なのです。

友人達と「奥様はあげまんなんだねえ」と盛り上がっていたら、
御機嫌?な宮司さんはお土産を用意して下さったり神社の歴史や由来を
いっぱいお話くださったんですね。
その時、その奥様(素敵な女性)は私達お客と一緒になって宮司さんの話に
(きっと御自身も知っている内容)「へえ~すごい」と感心しているのが
すごく印象的でした。相手を立てているというよりも、相手を自然に尊敬している
感じで私達一行はその姿にも感激していました。

そして帰り私達がタクシーに乗込むと私達の乗ったタクシーが見えなくなる迄
手をふっているその姿に、いつしか私のみならず友人達もファンになっていました。


その後、お正月には毎年その神社にお初参りに伺うようになりました。
そして様々なスキル講座のティーチャーとしても御活動を始められた、
そのあげまん先輩の主催される講座にも伺うようになったのですが、
ある時、カバラ数秘学の講座に伺った時の事です。

カバラ数秘学はユダヤ民族の秘儀といわれる学問で、
数字によって2人以上の人同士の相性なども見る事が可能なんですね。
数字同士の相性というのが存在していて、そこから相性を見ていくのですが、
私はそのあげまん先輩の言葉に感激しました。

それは
「たとえ相性が良くない数字同士であっても単に努力が必要なだけです。
パートナーシップとは互いの違いを認めた所からがスタートなんです。
ただ一緒にいるだけではパートナーシップではないのです。
互いの違いを認めて尊重できた時からパートナーシップが始まるんです。
大切なのは諦めない事」

という言葉でした。ちょうどティーチャー(あげまん先輩)の御主人である
宮司さんや息子さんも授業に一緒に出席されていたのですが、
先生を暖かく見守る御主人の慈愛に溢れた横顔に、相性を超えた所に
存在する、何か大切なもの。を感じると共に、
あげまんの神髄を垣間見た気持ちでいっぱいでした。

(以上です)








「お福分けヴィーナス」トップページへ戻る
「私の宝物 ~あげまん先輩のギフト~」トップへ戻る




パンドラの箱の最後に残った“希望”の植物。地球と子宮に優しいハーブの
ステビア 星から見た 時流 市場 景気 ファイナンシャル アストロロジー 金融占星術
お問い合せ 当社ご案内 営業日や営業時間について プロフィール 大和撫子プロジェクト
イベントや講座のお知らせ メディア掲載のお知らせ 毎週更新ブログ メールマガジン プロデュース





Copyright(c)2002-2018 ANGELIC DESIGN All rights reserved.
当サイトに掲載されている全てのコンテンツの無断転載を禁じます。