星の 癒し アストロロジー(西洋占星学)。あなたの生まれ持った星は、あなたの中の輝きを教えてくれるでしょう 色彩で知るあなたの魅力 「オーラソーマ」英国式カラーケアシステム(通称カラーセラピー)は、あなた自身を映し出す色彩の心理学です パンドラの箱の最後に残った“希望”の植物。地球と子宮に優しいハーブの
ステビア 星から見た 時流 市場 景気 ファイナンシャル アストロロジー 金融占星術
お問い合せ 当社ご案内 営業日や営業時間について プロフィール 大和撫子プロジェクト
イベントや講座のお知らせ メディア掲載のお知らせ 毎週更新ブログ メールマガジン プロデュース
●メールマガジン●バックナンバーダイジェスト→伝説のヴィーナス☆瀬織津姫










●目次●

●伝説のヴィーナス☆瀬織津姫(セオリツヒメ)

★1:イントロダクション
★2:日本神話☆封印された女神の復活?
★3:アマテラスは男性神で、その妻が瀬織津姫?
★4:ファーストレディも注目の瀬織津姫?
★5:アストロロジー(占星学)等から見る、瀬織津姫復活
★6:「瀬織津姫(セオリツヒメ)」関連の書籍、ドキュメンタリー紹介

☆=============================================================☆

★1:イントロダクション

皆様、日本神話に出てくる神様で、「瀬織津姫」という名の
女神さんはご存知ですか?

ちなみに私は、昨年まで、まったく知りませんでした。
それもそのはず?
記紀(古事記・日本書紀)には、登場しない女神です。
正しくは、登場していますが、ミズハノメという名前で、しかも
読みにくい当て字の漢字のような表記での登場です。

記紀に登場しない理由として、おそらく意図的に封印された
説が定説になっているそうです。

しかし日本各地の神社(岩手県の桜松神社、東京の人見稲荷神社、
愛媛県の大山神社ほか多数)や伊勢神宮の内宮でも祀られている
伝説の女神さんです。

では、なぜ封印されたのか?
そしてそれがなぜ今、(人々の注目を集め始めているという意味で)
復活しようとしているのか?

★それはまさに、人類の集合無意識の変化、時代の変化を
象徴しているようなヒストリーです。

今回は、そんな時代の変化の話として、
伝説のヴィーナス☆瀬織津姫のお話を綴ってみたいと思います。

☆=============================================================☆

★2:日本神話☆封印された女神の復活?

この瀬織津姫のお名前をよく聴くようになったのは2012年のことでした。

いつも私に、歴史文化・学術的なお話から先見的な情報まで
沢山お導きくださっているメンター夫婦みおさん&ゆきさんでした。

★みおさん&ゆきさんの経営される北軽井沢ペンション
ドームパラダイス http://www.d1.dion.ne.jp/~dptnk/


みおさんは昨今とくに日本神話に造詣が深く、とても勉強になる
メールのやりとりをさせて頂いておりました。

★そこで「瀬織津姫(セオリツヒメ)」という、女神の名前が出てきたのです。

記紀には登場しない、けれど日本神話において
とても影響力の深い女神さんという印象でした。

自分でも情報を集めてみようと思い、
お世話になっている企業(某、堅い業界の中堅会社)に
お仕事に行った際、社内で歴史博学と評判のN氏に、
「瀬織津姫ってご存知ですか?渡来人系の神様ではなく、
縄文系みたいです。」と聴いてみました。

するとN氏の横にいらした研修生Wさんがびっくりして
「美智子さん、なぜ、瀬織津姫のことを知っているんですか!
封印された女神様の・・・」
と驚かれたので、私も「Wさんこそ、なぜ・・・!!
しかも、封印て・・・(Wさん、歴女さん?)」と言ったら、
下記のお話をお教えくださいました。

●Wさんは愛媛県今治市の伯方島の出身で
そこは瀬織津姫を祀っている古くからの神社がある。
しかし渡来人系の神様の大きな神社ができてから、
“(渡来人系の)神が来てこの地に神社を建てようとした
際に蛇がいた”という話が捏造された。
その蛇とは瀬織津姫のこと。彼らは蛇というシンボルを使って
瀬織津姫を醜いものに貶めた。
↑これは、Wさんがお祖母ちゃんから聞いたお話とのこと。

●Wさんの家に縁のある瀬織津姫の神社は龍に関係する神社。
龍や月に縁のある神社は瀬織津姫に関係ある。

●愛媛は、「可愛い姫」という語源があり、
その「可愛い姫」とは瀬織津姫のこと。

●今、四国からたくさんの縄文遺跡が見つかっている。
縄文回帰は、古事記や日本書記から消された
瀬織津姫のことをよみがえらせたいという流れなのではないか。

神話では淡路がはじまりの地といわれているが、
次に伊予という地名も出てくるから、愛媛も大事。

・・・というお話をしてくださいました。

思いのほかWさんからお話を聴いた後、
「知っている人は、知っている女神さんなのだなあ~」と
思い、その後はしばらくの間、忘れていました。

☆=============================================================☆

★3:アマテラスは男性神で、その妻が瀬織津姫?

そして昨年、みおさんのご友人で、
縄文関連や神社などのドキュメンタリー映像を製作されて
いらっしゃる山科監督が、
「皆神山の謎」シリーズ:第7章「瀬織津姫物語」を完成され
http://www.interq.or.jp/jazz/harrygws/minakami.html

ご自身のサイトで公開されていらっしゃると伺いました。

55分弱の映像だったので、年末にゆっくりと拝見しようと
思っていた矢先、出かけた忘年女子会で、
★また「瀬織津姫」の名前を聞くことになりました。

神社参拝の文化教養にお詳しい13の月の暦ナビゲーター亜依さんと、
http://ameblo.jp/happy-synchro-wave/
ご実家がお寺で、高野山でご修行された経験も
お持ちの大和撫子かおりさん。

3人で忘年会をした際に、亜依さんから
★2013年の(シンボル的な)神様は「瀬織津姫」。
「瀬織津姫」=縄文的な考え(縄文=1万年もの間争いがなかったと
いわれる)に戻るヒントにつながっている、という情報のお話が出たのです。

ここでも「瀬織津姫」の話が出たことに興味深く思い、
みおさんからの瀬織津姫の歴史のお話をお2人にお話したところ、

ピンとこられたという、かおりさんは早速ネットで
山水 治夫先生(瀬織津姫関連の書籍を最も多く出版されている先生)
http://harerama.hahaue.com/

瀬織津姫関連のご本をお求めになられて読まれ、その流れで、
1月12日、自由が丘で開催された山水先生の瀬織津姫講座:初級編
に、3人で伺うことになりました。

と、その前に、予習もかねて、 山科監督の「瀬織津姫物語」
http://www.interq.or.jp/jazz/harrygws/minakami.html

を拝見しました。ぜひ、オススメです!

内容はもちろん、山科監督の洞察や推測、メッセージに、とても
感激しました。とくに感銘を受けたメッセージは下記のとおりです。

==========================================

★アマテラスは、古事記以前には男性神アマテルといわれ、
その奥さんが瀬織津姫だった。しかし当時の権力者持統女帝の
イメージ作り戦略においてアマテルを女性神にし、(すると当然ながら
女性神に奥さんの瀬織津姫がいては矛盾するので)封印した。

★瀬織津姫の復活は
封印された女性性(←いまの時代に必要ですものネ)をとくもの?
権力者側にしてみれば悪神と意味づけされたが
民衆からみるとずっと慕われてきた女神。

★日本は、半島からの侵略者がやってきて
日本の原住民(アイヌ、縄文など)は融合したといわれる。
しかし侵略されたわりには、原住民の言語の膠着語は縄文から
続いているものを使っている。山科監督の推測では
「侵略者が侵略者でなくなってしまった。つまり
1万年以上の平和がつづいた縄文の受容力が
侵略者を包み込んでしまったのでは」という考察。

・・・そして、瀬織津姫にさらに興味深深となり、
その数日後の1月12日に、山水先生の講演を拝聴してきました。

☆=============================================================☆

★4:ファーストレディも注目の瀬織津姫?

山水先生の講演会である瀬織津姫講座:初級編@自由が丘
でとくに印象深く拝聴したお話の一部を掲載します。

(くわしくは、先生の著書や歴史講座などおすすめです。)

●アマテラスは、古事記以前には男性神アマテルといわれ、
その奥さんが瀬織津姫だった。太陽の神と月(水)の神の夫婦。

封印の定説といわれているのは、当時の権力者である、
持統女帝のイメージ戦略説(皇祖神を女性神にすることにより、
自身の女帝の地位にポジティブなイメージをもたせる)

けれど、上記の権力者側の娘である倭姫は、
倭姫命世紀(やまとひめのみことせいき)を書き残した際に
アマテラスの荒御魂という記載で、「瀬織津姫」の名前を
(良心の呵責からか??)残してくれたのです。

●山水先生は、ある時期から、神社参拝した際に、
どんな神社(祭神が瀬織津姫を祭っているのではない神社)でも
瀬織津姫のエネルギーを感じるようになった。

神社とは“祓い清めに始まり祓い清めに終わるところ。

そして瀬織津姫は、水、滝、川、龍人、祓い浄めの神。
瀬織津姫は、神々をも祓う神。

★つまり、神社という存在そのものが瀬織津姫なのでは?

(というのも、もともと神社のご祭神は、人間が決めたり、
上からの権力で時に変わったりするものだから)

=========================================================

上記の山水先生講座でお話を伺った週に、

いつも愛読させて頂いている
バレンタインデーさん(元民放アナウンサーさん)のブログで、
http://ameblo.jp/amezisto0214/
「アマテラスは男性神」という内容の記事がアップされていました。

『☆伊勢神宮・「心の御柱」の秘密☆』
http://ameblo.jp/amezisto0214/entry-11449617223.html


私も瀬織津姫の歴史を聞いたばかりだったので
コメントしたところ、バレンタインデーさんのお返事コメント

★『瀬織津姫…木花咲耶姫のお母さん。
水や川の神様でもあり月の神様ですよね。
だから天照大神=太陽と瀬織津姫=月の夫婦なんですね…』
に感激しました。

★もしかしたら、記紀以前には
夫婦で祀られていたアマテラス(アマテル)と瀬織津姫。

いま、巷から少しずつ瀬織津姫の注目が集まっていることは
なんだかとても深い良い意味を持つものなのでは?と
個人的に感じました。

偽りの男性性(アマテラス)から、
男性性(アマテル)と女性性(瀬織津姫)の融合?と
少し深読みしてしまいました。

そうえいば、山水先生は、余談で、3年前に山水さんのファン
ということで、安倍総理の奥様から山水さんにメールがあり、
その後色々なコラボイベントをされていたことをお話していました。
山水先生の書籍の推薦分も記載くださったそうです。

そのお話を、みおさん&ゆきさんにお話したところ
ゆきさんが、「安倍昭恵のスマイルトーク」というブログを
偶然みつけてくださいました。

『瀬織津姫(せおりつひめ)』(安倍昭恵さん)
http://www.akie-abe.jp/index.php?ID=457


☆=============================================================☆

★5:アストロロジー(占星学)等から見る、瀬織津姫復活

さて、ここまで、主にみなさんから伺ったお話を綴ってまいりましたが、
私の私見も書かせて頂きます。
といっても私は日本神話や神社などには明るくないので、
アストロロジーの観点から、綴りますネ。

2012年4月のメルマガで、
★海王星うお座時代に「浮上してくるもの」
http://www.angeliclovers.com/mailmagback31.html

を綴らせていただき、

「あくまでイメージでいえば、
海(集合無意識)に沈んでいた島が浮上してくるようなイメージ。
近年隠されてきた本当の歴史や神話などが
表に出てくることもあるのかもしれません。」と書きましたが
たしかその頃に、瀬織津姫の情報を聴いていた記憶があります。

でも、今思うと、新たなものが生まれて浮上してくるのではなく
「すでにそこにあったものに、気づく」なのかもしれません。

瀬織津姫も、昔からずっと存在していた女神さんだったのですよね。
瀬織津姫に注目する人が増えるというのは、まさに
隠されていた、本当の?神話の復活なのかもしれません。

又、海王星もうお座も水をつかさどります。
水の女神である瀬織津姫☆リバイバルにはふさわしい時期なのでしょうか。

★さて、山水先生の「神社そのものが瀬織津姫の役割」
という言葉を拝聴した際に、まったく話題は飛ぶのですが、
私にとっては、瀬織津姫は、まるでフリーエネルギーに
似ているなと思ったのです。

フリーエネルギーも、
すでにそこらへんに充満しているものと聴いています。

●「私たちはすでに持っている」フリーエネルギーの、本当の話
http://www.angeliclovers.com/tenemoskouen20111001.html


『すべてを解決できるテクノロジーは確かに存在することがわかった 
いくつかの装置も完成した 
★宇宙に遍満する 無限の周波数と人々の心の周波数が一致するときに
初めてそのテクノロジーはこの世の中に実体となって 存在できるように
なるのだろう』 飯島秀行先生書籍より

話題は戻り、いま瀬織津姫が復活(注目を集める)しはじめて
いるのは、まさに時代性や集合無意識の変化なのではないかしら?
と感じました。

心理学などでも、“神話は人類の集合無意識の比喩”といわれますから
瀬織津姫が復活しはじめていることは
人類の集合無意識に女性性(ありきたりな表現ですが受容性、調和、
平和、協調)が活性化しているサインではと感じました。


★そして、本当は男性神だけれど女性神といわれていた
アマテラスが、本当の姿「男性神アマテル」(太陽)であり、
パートナーである瀬織津姫(月と水)と対(つい)であったという伝説が
表に出てきているということは、男性性と女性性の融合=陰陽や
二元性の統合、なのでしょうか。

歴史上、そこに本当は何があったのか、
現代に生きる私たちは知るすべもないかもしれません。けれど、
真実は、時代によって解明されていくこともあるのかもしれません。
いずれにしても、瀬織津姫は、今後ますます注目を集める
キーワードなのかもしれないと感じました(*^^*)☆

☆================================================================☆

★6:「瀬織津姫(セオリツヒメ)」関連の書籍、ドキュメンタリー紹介

★ドキュメンタリー映像
山科監督の「瀬織津姫物語」 皆神山の謎:第7章
http://www.interq.or.jp/jazz/harrygws/minakami.html

★書籍「わが悠遠の瀬織津比口羊」内海邦彦氏

★書籍「エミシの国の女神」 菊池展明氏

★書籍「瀬織津姫物語」ほか多数  山水治夫氏

★山水治夫氏サイト  http://harerama.hahaue.com/

★Special Thanksyou

ドームパラダイスみおさん&ゆきさん
13の月の暦ナビゲーター亜依さん&大和撫子かおりさん



☆===========================================================☆

(以上です)









「ヴィーナス(魅力)の誕生」バックナンバーダイジェストTOPへ戻る




星の 癒し アストロロジー(西洋占星学)。あなたの生まれ持った星は、あなたの中の輝きを教えてくれるでしょう 色彩で知るあなたの魅力 「オーラソーマ」英国式カラーケアシステム(通称カラーセラピー)は、あなた自身を映し出す色彩の心理学です パンドラの箱の最後に残った“希望”の植物。地球と子宮に優しいハーブの
ステビア 星から見た 時流 市場 景気 ファイナンシャル アストロロジー 金融占星術
お問い合せ 当社ご案内 営業日や営業時間について プロフィール 大和撫子プロジェクト
イベントや講座のお知らせ メディア掲載のお知らせ 毎週更新ブログ メールマガジン プロデュース





Copyright(c)2002-2017 ANGELIC DESIGN All rights reserved.
当サイトに掲載されている全てのコンテンツの無断転載を禁じます。