PCページ スマホページ


パンドラの箱の最後に残った“希望”の植物。地球と子宮に優しいハーブの
ステビア 星から見た 時流 市場 景気 ファイナンシャル アストロロジー 金融占星術
お問い合せ 当社ご案内 営業日や営業時間について プロフィール お客様の声
イベントや講座のお知らせ メディア掲載のお知らせ 毎週更新ブログ メールマガジン プロデュース
●アストロロジー●「星の言語シリーズ」→●シリーズ「2023年~ 冥王星みずがめ座時代」





シリーズ「2023年~ 冥王星みずがめ座時代」
★ vol.2 自分の人生の作家(オーサー)であること(2020年3月6日号)





シリーズ『2023年~ 冥王星みずがめ座時代』 ★ vol.2 自分の人生の作家(オーサー)であること

前回vol.1のバックナンバーはこちら→http://www.angeliclovers.com/pluto2023.html

2023年、冥王星みずがめ座入室(冥王星みずがめ座時代)。
2023年より前に、それは兆しが出てくるものです。

なぜなら、もうすぐ(来年2021年1月)冥王星は
やぎ座の最終ステージ(やぎ座25度~30度)に入るのですが、
このステージは「次に控えている、みずがめ座を意識したステージ」だからです。

これからますます、
みずがめ座の「時空を超える」「1人1人の振動数によって(選ぶ)世界が変わる=パラレルワールド」
は加速するのかもしれません。

たとえば、災害等をきっかけに「時間と場所を選ばない働き方=テレワーク」の普及はもちろん、
パラレルキャリア、時給自足(半農半X)、AIの普及は格段に進むのは周知の事実でしょう。

なお余談ですが、人が現場に行かないと務まらない仕事(医療、介護、保育ほか多数)
においては、より一層、社会的価値が高まると思います。

さて、既存の社会的権威をあらわすやぎ座から、みずがめ座への移行。

●これは、外に投影していた権威を自分の内側に取り戻すということです。
自分の人生の作家(オーサー)であることの認識=オーソリティ(権威)。

既存の社会に変化があったときにこそ、自分の人生を自分でデザインする在り方は強いと思うのですが、
その在り方というのは、やはり高い振動数なのです。なぜなら、自分と同じ振動数の世界を
体験するというパラレルワールドのギフトがみずがめ座にあるからです。

同じ世界にいても、その人の発する振動数によって体験する世界は異なる。

みずがめ座の自由とは、世界を選択する自由なのかもしれません。

これはとても、楽しく希望あることだと感じます。

今この瞬間から、望む世界や人生をイメージすること、これが高い振動数のキーワードであり
冥王星みずがめ座時代の最強ツールになるでしょう。

(以上です)








パンドラの箱の最後に残った“希望”の植物。地球と子宮に優しいハーブの
ステビア 星から見た 時流 市場 景気 ファイナンシャル アストロロジー 金融占星術
お問い合せ 当社ご案内 営業日や営業時間について プロフィール お客様の声
イベントや講座のお知らせ メディア掲載のお知らせ 毎週更新ブログ メールマガジン プロデュース





Copyright(c)2002-2022 ANGELIC DESIGN All rights reserved.
当サイトに掲載されている全てのコンテンツの無断転載を禁じます。