PCページ スマホページ

パンドラの箱の最後に残った“希望”の植物。地球と子宮に優しいハーブの
ステビア 星から見た 時流 市場 景気 ファイナンシャル アストロロジー 金融占星術
お問い合せ 当社ご案内 営業日や営業時間について プロフィール お客様の声
イベントや講座のお知らせ メディア掲載のお知らせ 毎週更新ブログ メールマガジン プロデュース










★下記(バナーリンク)は、
シェアステビアの商品を紹介しております。





ステビアとは?
パンドラの箱の最後に残った、希望。

ステビアとは、南米パラグアイ原産のキク科の植物です。南米パラグアイのアマンバイ系の山中に自生する植物で、現地では16世紀以前から甘味料として葉を利用してきたそうです。

日本では、昭和46年に農水省が、当時の合成甘味料であるチクロやサッカリンの代わりに天然甘味料として輸入しました。

甘さは砂糖の300倍で、カロリーは砂糖の90分の1ということから現在も、ステビアの葉の部分が天然甘味料として広く使われています。食品の表示で、甘味料(ステビア)でおなじみです。

又、2004年にWHO(世界保健機構)やFAO(国連食料農業機関の合同機関)でもステビアの世界的な安全性が承認され今に至ります。

最近ではオーストラリア、ニュージーランド、米国に続いて、ついにEUでも2011年11月に認可されました。


ダイオキシン分解から放射能低減まで

さて、本題です。近年、ステビアの葉の部分以外の、茎の部分に素晴らしい可能性がある事が農業の業界より発見されました。

さて、その素晴らしい可能性とは・・・、農業の分野にとどまらず、大地の再生から地球環境改善、及び動植物、人の健康に及ぶということが、やがて国公立大学や公的機関の研究結果で明らかになりました。とくに農業・環境分野においてのデータは特筆もので、農薬や化学肥料の大量使用によりバランスの崩れてしまった土壌に、ステビアは残留農薬や、サリンよりも猛毒のダイオキシンを解毒分解する上、硝酸性窒素量を減らします。




21世紀、医療・農産・畜産・水産・環境分野に希望をもたらすと期待される、南米パラグアイ原産のハーブ、ステビア。そして、茎に秘められた可能性を発見したのは、日本の農業分野からだったのです。

日本から、アジア、そして、世界に。

21世紀の救世主ともいわれる万能ハーブステビアは、パンドラの箱の最後に残った、希望に思えます。



※免責事項

当サイトでご紹介の情報は、文中の健康や人体に関する体験談も、効果効能を謳ったり実証するものではございません。全ての方やケースに当てはまるものではありませんので、ご注意ください。ご自身での自己責任をご理解頂ける方のみ情報をご活用ください。






パンドラの箱の最後に残った“希望”の植物。地球と子宮に優しいハーブの
ステビア 星から見た 時流 市場 景気 ファイナンシャル アストロロジー 金融占星術
お問い合せ 当社ご案内 営業日や営業時間について プロフィール お客様の声
イベントや講座のお知らせ メディア掲載のお知らせ 毎週更新ブログ メールマガジン プロデュース





Copyright(c)2002-2022 ANGELIC DESIGN All rights reserved.
当サイトに掲載されている全てのコンテンツの無断転載を禁じます。